定年退職、めざすぞアイアンマン

昔からいつかトライアスロンをやってみたいと思っていた。思っていただけで、なかなか実行できず年ばかりとった。このままじゃ一生やらないで終わってしまうと、定年退職を機に始めた。

「高齢者」=「金を持っている」=「情報弱者」=「搾取されやすい」

難聴気味でも家族とテレビを共有出来るワザ

 今回の話題はトライアスロンと離れて、高齢者が抱えやすい悩みの一つについて。これを解決するすてきなガジェットが見つかった。

 私は軽度難聴である。若いときから耳が悪かったが、最近はどんどんと進行している気がする。人との会話ではなるべく耳を傾けようと努力するけど、女房との会話は、力が抜けるせいか聞く気にならない。生返事で終わる。だから怒られる。

 ストレスが起きるのはテレビである。適正音量が違いすぎるのである。耳がよく変に女のカンが鋭い女房と私では、音量差に約半分もの違いがある。女房なら20でいいところが私は40ちょっと必要で、20程度ならモゴモゴしか聞こえない。最近は字幕の番組も多いので助かるが、その場合はテレビをじっとみていなくてはならない。そしてテレビを見る権利は女房の方が圧倒的に優位なのである。つまり私が我慢を強いられる。どうしても見たいときは、自然と私はリビングの大型テレビから離れ、寝室の小型で我慢する。

 今は亡き義理の父親も難聴で、赤外線で音をとばす機械を使っていたが、ソファにずうっと座っている状態ならいいかもしれないが、部屋を動いたりするのはどうも不便だ。

 ところが今回ブルートゥースのイヤホンに音を飛ばすトランスミッターを購入した。メルカリで3000円程度である。新品で4000円程度だ。

f:id:nabejiji:20200916054004p:plain

メーカーのページから

 手持ちのbluetoothイヤホンとペアリングさせて使ってみたが、きわめて快適!テレビの音量はゼロでも自分のイヤホンの音量は自在。よく聞こえる。

 これでamazon prime videoの邦画を見ることが出来るようになった!出来ない出来ないと何年も思っていたことが解決した!

 

 これは決してマニアックなものでもないのだが、どうも高齢者にはとっつきにくい。スマホの普及率は60代で70%まで来た時代だが、高齢者はどうも”情弱”が多く、搾取されがちな世の中だ。収入が年金と少しの農家の手伝いと、現役時代から大きく減った我が家は、いかに支出を少なくするかにかかる。

 そのためには、買い物は電子マネーのキャンペーン等を利用したり、フリマアプリで比較したり、情報を得る時間は現役時代より圧倒的にあるのだから、面倒くさがらずしっかりと生活防衛すべきと思う。周りをみても、

 「高齢者」=「金を持っている」=「情報弱者」=「搾取されやすい」

 はまだまだ多い現状だ。同年代で、ちょっと前まで「スマホやパソコンなんか必要ない!」と”豪語”していた奴らはいったいどうしてるだろう。